旭実が集中打で延長戦を制した。同点の十回1死二塁から笹原の右前打で勝ち越すと、戸倉、葛西の適時打など、この回5安打を集めて一挙5点を奪った。札大谷は四回に2点を先取し、七回にも追い付く粘りを見せたが及ばなかった。

...    
<記事全文を読む>