稚内大谷が札山の手に競り勝った。1点を追う六回1死二、三塁、向井の2点三塁打で逆転し、代打・朝日の右前打でこの回3点。八回には柴田と金子の連続二塁打で2点を加えた。

 札山の手は五回に一時勝ち越したが六回以降、エース柳沢が崩れた。

...    
<記事全文を読む>