来春の選抜大会出場の選考資料となる第129回秋季中国地区高校野球大会が27日、広島県尾道市しまなみ球場など2会場で開幕し、1回戦4試合が行われた。山陰両県勢の石見智翠館(島根2位)はおかやま山陽(岡山3位)に3-7で、鳥取城北(鳥取2位)は尾道(広島4位)に4-5で敗れた。

 5県代表16校が出場。第2日の28日は、夏春連続の甲子園出場を目指す開星(島根1位)と米子松蔭(鳥取1位)などの1回戦4試合が行われ、8強が決まる。

...    
<記事全文を読む>