高知は鳴門渦潮と 投手陣奮起が鍵追手前は大手前高松と 3、4点の勝負か 来春のセンバツ甲子園出場に向けた重要な参考資料となる第70回秋季四国地区高校野球大会は、28日に春野、高知両球場で開幕を予定されていたが、台風22号の影響により30日に順延となった。

 第1日は別表の4試合を行い、県2位の高知は鳴門渦潮(徳島3位)、県3位の追手前は大手前高松(香川2位)と対戦する。県1位の明徳義塾は31日に行われる第2日の準々決勝から登場し、生光学園(徳島2位)―小松(愛媛3位)の勝者と戦う。

 高知と当たる鳴門渦潮は今夏の甲子園に出場。旧チームからのレギュラーは1人だけだが、チーム打率は3割2...    
<記事全文を読む>