第70回秋季関東地区高校野球大会は28日、神奈川県のサーティーフォー保土ケ谷球場で決勝を行い、本県2位の中央学院が明秀学園日立(茨城1位)を6―5で破り、初優勝を決めた。県勢の同大会優勝は2015年の木更津総合以来2年ぶり。

 中央学院は1点を追う5回に田中の2点打と長沼の2ランで逆転。終盤に追い上げられるが、3番手大谷が踏ん張り逃げ切った。

 中央学院は関東地区代表として第48回明治神宮大会(11月10~15日・明治神宮球場)に出場し、同11日の初戦で四国地区代表と対戦する。

...    
<記事全文を読む>