第137回北信越高校野球大会最終日(26日・福井県営球場)来春のセンバツ出場を確実としている石川県勢による決勝が行われ、県大会(北國新聞社後援)準優勝の航空石川が優勝の星稜を投打に圧倒して10―0で破り、初優勝を果たした。航空石川は11月10日に開幕する第48回明治神宮野球大会に初出場する。決勝は雨のため4日延びて行われた。

...    
<記事全文を読む>