高校野球の秋季九州大会(第141回九州地区大会)は25日、宮崎県のKIRISHIMAサンマリンスタジアム宮崎などで準々決勝を行い、沖縄尚学は3―8で創成館(長崎1位)に敗れ、来春の選抜出場の目安の4強となる準決勝進出を逃した。

 四回に普久原琳の安打で先制。五回まで1―0で試合が進んで投手戦になるかと見られたが、六回に連打とスクイズで創成館に逆転を許し、七回には打者一巡の猛攻もあって後半3イニングで8点奪われた。沖尚も池間大智の2打点で追い上げたが及ばなかった。◆監督「全てで力負け」 創成館の強力打線を抑え、ロースコアの展開に持ち込みたかった沖縄尚学。2回戦をコールドで勝ち上がった...    
<記事全文を読む>