高校野球の秋季九州大会(第141回九州大会)は24日、宮崎県のKIRISHIMAサンマリンスタジアムなどで2回戦5試合を行い、県第2代表の興南は東筑(福岡1位)に1―4で敗退した。三回に2点を先制された興南は六回、根路銘太希の二塁打をきっかけに走者をため、併殺打の間に根路銘が本塁を踏み1点を返した。しかし七回に、東筑の上位打線に連打を浴びて2点を追加され、引き離された。大会は25日、SOKKENスタジアムなどで準々決勝を行い、県第1代表の沖縄尚学は4強入りを懸けて創成館(長崎1位)と対戦する。◆9安打も本塁遠く 興南は東筑よりも1本多い9安打を放ったが、得点には結び付かなかった...    
<記事全文を読む>