秋季近畿地区高校野球大会第1日は24日、大阪市此花区の大阪シティ信用金庫スタジアムで1回戦3試合を行い、第2試合で法隆寺国際(奈良3位)は9―0の七回コールドで比叡山(滋賀2位)を下し、斑鳩高校時代に出場した2004年以来の甲子園に向けて順調に滑り出した。

 法隆寺国際は初回、三塁打で出塁した福本を、山田のエンドランでかえし1点を先制。二回には2死から3安打4点を挙げリードを広げた。三回には福本が右中間に3点三塁打を放ち、勝敗を決した。

...    
<記事全文を読む>