◆中京大中京を5点差逆転 第70回秋季東海地区高校野球大会は24日、岡崎市民と刈谷で開幕し、大垣西(県2位)は中京大中京(愛知3位)に大逆転の末、8―7で競り勝ち、大会初勝利。初出場の岐阜各務野(県3位)は、いなべ総合(三重2位)に4―5でサヨナラ負けを喫した。

 大垣西は序盤に5点を先取されたが、今津貴晴の2打席連続本塁打などで追い付き、加納颯人の中前2点打で勝ち越した。岐阜各務野は今田辰樹の犠飛などで3度にわたって追い付く粘りで延長に持ち込んだが、十回に粘投の先発左腕・市川青空が力尽きた。

 第2日は25日、準々決勝を行い、中京学院大中京(県1位)が常葉大橘(静岡3位)と、大垣西...    
<記事全文を読む>