(24日・横須賀スタジアムほか) 1回戦の残り4試合を行い、夏の甲子園で県勢初の全国制覇を成し遂げた埼玉県王者の花咲徳栄は中央学院(千葉2位)に3―6で逆転負けし、2年ぶりの8強進出はならず、来年の選抜大会出場は絶望的となった。

 花咲徳栄は一回に6番羽佐田の2点打で先制。2―1の三回には4番野村の中前適時打でリードを広げた。しかし、七回に2番手斎藤が死球二つでピンチを背負い、マウンドを受けた3番手野村が逆転の2点打を浴びた。九回にもスクイズを決められ、万事休した。

...    
<記事全文を読む>