高校野球の第70回秋季関東大会第2日は23日、サーティーフォー保土ケ谷球場などで1回戦3試合を行い、慶応(神奈川2位)は拓大紅陵(千葉1位)に5-4で競り勝ち、準々決勝に駒を進めた。【慶応-拓大紅陵 1打席速報】 慶応は0-0の五回に善波力(1年)のソロ本塁打、吉川海斗(同)の3ラン本塁打で4点を先制した。投げては生井惇己(2年)、渡部淳一(同)の両左腕のリレーでリードを守り抜いた。

 第3日は24日、同球場などで1回戦4試合を行い、県勢は桐光学園(神奈川3位)が高崎健康福祉大高崎(群馬1位)と戦う。

...    
<記事全文を読む>