明治神宮大会につながる東海地区大学野球秋季選手権大会(東海地区大学野球連盟主催)は20日、伊勢市楠部町のダイムスタジアム伊勢で開幕した。初日は各県2位校の代表を決めるトーナメント戦があり、朝日大(岐阜)が2位代表に決まった。三重大は代表決定戦で朝日大に1―2で敗れた。三重、静岡、岐阜の3県リーグから各2校が参加。県内からは、三重学生野球秋季リーグ戦(伊勢新聞社後援)で優勝の四日市大、2位の三重大がエントリーした。上位2校が、明治神宮大会出場校を決める東海・北陸・愛知三連盟王座決定戦に進出する。県2位の三重大は朝日大に1―2で惜敗。中井拓磨(4年・津)、福西喬(2年・津)の両右腕が...    
<記事全文を読む>