【福島県で本社取材班】第70回秋季東北地区高校野球大会第2日は14日、福島市の県営あづま球場などで2回戦6試合が行われ、本県第1代表の花巻東(2年連続17度目)、第2代表の黒沢尻工(33年ぶり7度目)はともに初戦を突破し、準々決勝に進んだ。花巻東は10安打を放ち、5-2で角館(秋田第2)に快勝した。序盤に4点を挙げ、2投手の継投で逃げ切り。バックも4併殺で支えた。

 黒沢尻工は東海大山形(山形第2)を4-2で破った。七回に主戦菅原大夢(2年)の2点先制打などで4点を奪い、菅原がこのリードを守り抜いた。第3日の15日はベスト4進出を懸け、花巻東は由利工(秋田第3)、黒沢尻工が能代松...    
<記事全文を読む>