第70回秋季東北地区高校野球大会は13日、福島市のあづま球場と郡山市のヨーク開成山スタジアムで開幕した。

 初日はあづま球場で開会式と、両球場で1、2回戦4試合を行った。福島県第1代表の聖光学院は2回戦で仙台南(宮城第3代表)に7―0で七回コールド勝ち、第3代表の学法石川は1回戦で日大山形(山形第3代表)に2―7で敗れた。

 聖光学院は15日にあづま球場で行われる準々決勝で利府(宮城第2代表)と対戦する。

 聖光学院が長打攻勢で効率的に得点、7―0のコールドで快勝した。

 聖光学院は二回、1死満塁から田野が左越えに走者一掃の三塁打を放ち、さらに小室のスクイズで4点を先制。

 三回は1死一...    
<記事全文を読む>