(第70回秋季関東高校野球大会) 出場15校中、唯一の公立校となった市川越は挑戦者として臨む4年ぶりの関東大会。初戦の国学院栃木戦へ、新井監督は「(相手は)投手も左右両方いるし、昨年からの主力も残っている。守り勝たないとだね」と県大会と同様、ロースコアの展開に勝機を見いだす。

 直近の練習試合でもエース太賀、左腕和田の両投手が好投し、仕上がりは順調だ。主将の岡本は「とにかくバットを振り込んできた」と打撃に自信を見せ、「公立校らしく、元気良くやりたい」と初の選抜切符を狙う。

...    
<記事全文を読む>