高校野球の第67回秋季大会第9日は24日、宜野湾市立野球場などで2回戦6試合を行い、沖縄水産が2―0で普天間を振り切った。第3シードの沖縄工業は3―0を前原を下し、美来工科は2―1で真和志に競り勝った。美里工業は4―0で北谷に快勝し、夏の甲子園出場の興南は2―1で首里にサヨナラ勝ちした。那覇は名護に3―2で勝利した。2回戦の全日程が終了し、16強が出そろった。30日にコザしんきんスタジアムなどで3回戦8試合が行われ、10月1日には同スタジアムと北谷公園野球場で準々決勝が行われる予定。◆序盤の得点/沖水・上原死守 上原忠監督が「日々成長中」と語る沖縄水産ナインが粘り切った。序盤に...    
<記事全文を読む>