高校野球の第67回県秋季大会第6日は19日、北谷公園野球場で1回戦3試合を行い、西原が豊見城南を11―6で振り切り2回戦に進出した。糸満は那覇国際を3―1で制し、第2シードの中部商は19―0の五回コールドで開邦を下して32強が出そろった。2回戦は23、24の両日で15試合を行い、16強が決まる。◆八回、火が付き猛攻/西原 シーソーゲームは最後に乱打戦に変わった。4―2と先行して迎えた八回に4失点して火が付いた西原が、その裏に長短打や敵失などを絡めた猛攻で逆転。11―6で初戦を突破した。

 西原守備の八回表1死一、二塁、本来持ち味とする守備で併殺を狙うも、送球間の失策が絡んで失点し...    
<記事全文を読む>