高校野球の秋季九州大会(第141回九州大会)県予選第7日は25日、小林市営球場で3回戦2試合を行い、福島と宮崎西が8強入りした。

 福島は宮崎商を延長十一回の激闘の末、5-2で下した。同点の延長十一回無死一、二塁、鬼塚大河の三塁打で2点を勝ち越し、山口栞太の犠飛でさらに1点を加え、突き放した。宮崎商は十回無死満塁の好機を生かせなかったのが痛かった。宮崎西は宮崎農に5-1で逆転勝ち。1点を追う八回、椎屋大誠の二塁打を含む3長短打などで5点を加え、ひっくり返した。宮崎農は八回、武田両馬の適時打で1点を先制したが、その裏に3失策と守りが乱れた。

 第8日は26日、同球場で3回戦3試合を行...    
<記事全文を読む>