秋季四国地区高校野球県大会第3日は24日、高松市生島町のレクザムスタジアムなど2球場で2回戦6試合を行った。レクザムの第1試合は、大手前高松が延長十一回に大西の中前適時打で勝ち越し。五回から継投した右腕中村が高松南打線に得点を与えず、2―1で競り勝った。第2試合は、英明が中盤以降、好機を確実に生かし、粘る津田に4―1で逆転勝ち。第3試合は、高松北が19安打の猛攻で試合をひっくり返し、10―3の七回コールドで高松工を退けた。

 四国Cスタ丸亀(丸亀市金倉町)の第1試合は、丸亀の右腕東山が藤井打線を5安打に抑え、5―0で完封勝ちした。第2試合は、序盤に主導権を握った高瀬が5―1で香川...    
<記事全文を読む>