秋季四国地区高校野球香川県大会の組み合わせ抽選会が1日、丸亀市金倉町の四国Cスタ丸亀であり、出場37校の対戦カードが決まった。夏の甲子園で8強入りし、県大会3季連続の優勝が懸かる三本松は初戦の2回戦で香川高専高松とぶつかる。

 抽選会には各校の主将、部長らが出席。夏の県大会8強のシード校が所定の位置を抽選で決めた後、残る29校の主将が予備抽選順にくじを引いた。

 三本松以外のシード勢では、夏の県大会準優勝の丸亀城西が寒川、同4強の大手前高松は高松南、丸亀は藤井とそれぞれ初戦で対戦。大会の上位3校が来春の選抜大会の重要な選考資料となる四国大会(10月28日から延べ4日間・高知)に出場...    
<記事全文を読む>