今夏の全国高校野球選手権大会で1大会個人最多新記録の6本塁打を放った広島・広陵高の中村奨成捕手が29日、広島県高野連にプロ志望届を提出した。10月26日のドラフト会議での上位指名が有力視され、「自分を一番成長させてくれる球団に選んでいただけるとありがたい」と理想を語った。

...    
<記事全文を読む>