23日に開幕する秋の岡山県高校野球大会(山陽新聞社後援)の組み合わせ抽選会が20日、倉敷市であり、対戦カードが別表の通り決まった。従来の16校から4増の20校が出場。23、24、30日、10月1、7日の5日間、倉敷市のマスカットスタジアムを主会場に、来春センバツの選考資料となる中国大会(10月27~29日、11月4、5日・福山、尾道市)の代表枠3を争う。

 優勝争いの中心は、旧チームの主力が多く残る創志学園、学芸館、山陽。岡山東商や関西、理大付、倉敷商、玉島商がこの3校に続く。

 3年連続のセンバツを狙う創志学園は総合力が高い。中山、西の両右腕はともに140キロ台半ばの速球を投げ込...    
<記事全文を読む>