秋の岡山県高校野球大会(山陽新聞社後援)地区予選は10日、3地区で行われ、東部は学芸館、創志学園、理大付、岡山東商、西部は倉敷商、玉島商がいずれも全勝で各組1位となり、県大会出場を決めた。西部の玉島商―玉野商は、玉野商のメンバーがそろわず玉島商の不戦勝。  東部のE組は城東、大安寺、興陽が2勝1敗、F組は関西、邑久、明誠学院が3勝1敗で並んだ。このため、E組は城東と大安寺の1位決定進出戦(14日午後0時半・明誠学院グラウンド)、その勝者と興陽による1位決定戦(16日午前10時・邑久球場)を実施。F組は関西と邑久の1位決定進出戦(13日午前10時・関西グラウンド)、その勝者と明誠...    
<記事全文を読む>