日本高野連は19日、大阪市内で選抜高校野球大会の運営委員会を開き、来春の第90回記念大会からタイブレーク制を導入することを決めた。延長十三回から試合が決着するまで行う方向で、アウトカウントや走者の設定、決勝で実施するかなどは今後協議していく。準決勝までは延長引き分け再試合が廃止となる。(山本哲志)

...    
<記事全文を読む>