秋季兵庫県高校野球大会第3日(神戸新聞社後援)は16日、雨のために1回戦と2回戦の各1試合が中止となり、明石トーカロなど3球場で1回戦3試合と2回戦1試合を行った。2回戦では、西脇工が4-2で北須磨を破り、ベスト16進出を決めた。

 1回戦では育英が九回、坂本の3ランで津名に6-5で逆転勝ち。市西宮は2-1で神港橘に競り勝った。飾磨工は4-0で洲本に完封勝ちした。

 17日は台風18号接近のため、全試合が中止となった。大会第4日は18日、4球場で明石南-報徳の1回戦残り1試合と2回戦7試合を行う。

...    
<記事全文を読む>