日本高野連は7日、市西宮(兵庫県西宮市)の山本拓実投手と神戸弘陵(神戸市北区)の東(あずま)晃平投手らが、新たにプロ志望届を提出したと連盟ホームページ上で公表した。

 山本投手は身長167センチと小柄ながら最速148キロを誇る右腕で、今夏の兵庫大会でチームを8強に導いた。東投手は伸びのある最速145キロの直球が持ち味の右腕。

...    
<記事全文を読む>