来春のセンバツにつながる第139回北信越地区高校野球福井県大会第4日は11日、福井市の福井フェニックススタジアムで1回戦の残り2試合を行う。

 第1試合はシード敦賀気比と武生商業が顔を合わせる(午前10時試合開始予定)。

 夏の大会準々決勝で両校は対戦。武生商業が勝って4強に進出しているが、武生商業は主力だった3年生が大量に抜けた。新チームは宮迫竜也、上丸涼雅、中川凌ら中軸に期待がかかる。

 敦賀気比は守備の要、遊撃手の黒田響生を中心に堅い守りで高橋丞、西川剣之介、宇野大生ら投手陣をもり立てたい。夏から主力を担う阪口竜暉を軸に武生商業投手陣を攻め、夏の雪辱なるか。

 第2試合では羽水と...    
<記事全文を読む>