第139回北信越高校野球福井県大会は8日開幕し、福井フェニックススタジアム(福井市)で1回戦を実施。第2試合は夏の福井大会覇者でシードの坂井が美方を4―2で退け、2回戦へ進出した。坂井000 031 000…4101 000 000…2美方■坂井 嶋田勘人―石川雅晴■美方 中積海大、岸本健吾、藤長大佑、米須豊樹、藤長大佑―大木翔斗 2点を先行された坂井は五回、2死三塁から小林寛弥が左前に返し1点差に。続く帰山賢也が安打で好機を広げ2死一、三塁から4番沢嵜一輝の左越え適時三塁打で逆転に成功した。六回には再び小林に適時打が飛び出し、貴重な追加点を奪った。

 先発の右腕嶋田は序盤の失点...    
<記事全文を読む>