第137回北信越高校野球石川県大会第11日(29日・小松市弁慶スタジアム=北國新聞社後援)準決勝2試合が行われ、星稜と航空石川のシード校が決勝に進んだ。星稜は小松に7―0で八回コールド勝ち、航空石川は金沢学院に14―5で七回コールド勝ち。北信越大会に星稜は4季連続57度目、航空石川は2季ぶり4度目の出場。最終日の30日は県立野球場で第3代表決定戦と決勝が行われる。

...    
<記事全文を読む>