第137回北信越高校野球県大会第1日(9日・県立野球場ほか=北國新聞社など後援)来春のセンバツにつながる熱戦の火ぶたが切られた。1回戦9試合が行われ、県立野球場で錦丘、小松明峰、飯田、金沢市民野球場で石川高専、七尾、二水、小松市弁慶スタジアムで金市工、北陸学院、桜丘が2回戦に勝ち進んだ。

 甲子園出場の経験がある実力校同士の対戦となった弁慶スタジアムの第1試合は金市工が金沢に7―3で逆転勝ちを収めた。

 二水は辰巳丘・向陽・内灘の連合チームに9―8でサヨナラ勝ち、小松明峰は伏見に5―4で競り勝ち、飯田は羽咋工を6―2で破った。

 錦丘は金沢高専に8―0で八回コールド勝ち、石川高専は宝...    
<記事全文を読む>