来春の選抜大会につながる第70回秋季高校野球県大会第4日は30日、草薙、清水庵原球場で準々決勝を行う。常葉大菊川(西部1位)、静岡(中部1位)、飛龍(東部1位)など各地区上位校が順当に勝ち上がり、好勝負が期待される。

 常葉大菊川―磐田東(西部5位)は西部の強豪対決。菊川は2回戦で鈴木琳の本塁打など長打6本を放った。足や犠飛を絡めて効率良く加点するそつのなさもある。磐田東は左腕今口、右腕の森口と武内ら多彩な投手陣は経験豊富。継投のタイミングが鍵になりそうだ。

 静岡は知徳(東部4位)と対戦する。静岡は2回戦で不調だった左腕鈴木翔が持ち前の制球力を発揮できるか。打線は5番木下、6番小...    
<記事全文を読む>