来春の選抜大会につながる第70回秋季高校野球県大会は24日、浜松、あしたか球場で2回戦の残り4試合を行い、8強が出そろった。静岡市立(中部5位)は掛川東(西部2位)との投手戦を制し、知徳(東部4位)は浜名(西部3位)の反撃を振り切った。常葉大橘(中部2位)は1年生右腕市川大晴の好投で三島南(東部5位)を退け、磐田東(西部5位)は東海大翔洋(中部5位)に完封勝ちした。8強には東、中部各3校、西部2校が残った。大会第4日は30日、草薙、清水庵原球場で準々決勝を行う。

 ■24日の結果(2回戦) ▽あしたか球場 常葉大橘 6―1 三島南 磐田東 5―0 東海大翔洋 ▽浜松球場 知徳 5...    
<記事全文を読む>