来春の選抜大会につながる第70回秋季高校野球県大会第2日は23日、各地区1位校が登場し、浜松、あしたか球場で2回戦4試合を行う。2回戦の残り4試合は24日、両球場で実施する。

 常葉大菊川(西部1位)―静岡商(中部4位)は、絶対的なエースを擁するチーム同士の対決。互いの打線がどう攻略するか注目される。鈴木琳、奈良間ら一発のある強打者がそろう常葉大菊川に対し、静岡商も主砲市川が初戦で5打数5安打と調子は上向きだ。

 静岡(中部1位)は初戦をコールド勝ちして勢いに乗る掛川西(西部5位)との対戦。静岡は地区大会で小林、成瀬ら5人で計6本塁打と長打力がある。掛川西の主戦川合がどう対抗するか...    
<記事全文を読む>