来春の選抜大会につながる第70回秋季高校野球静岡県大会は16日、草薙など4球場で開幕し1回戦9試合を行う。各地区大会を勝ち抜いた24校に、今夏の全国選手権に出場した藤枝明誠を加えた25校が、上位3校に与えられる東海大会への出場権を争う。決勝と3位決定戦は30日。東海大会は10月21日から愛知県で開催される。

 袋井(西部5位)と三島南(東部5位)、清水桜が丘(中部5位)と浜松商(西部4位)の顔合わせは今夏の再戦となった。袋井の左腕久留島、三島南の右腕鈴木健の投手戦は見応えがありそうだ。主に右腕遠藤の完投で地区を勝ち上がった清水桜が丘に対し、浜松商は継投が見込まれる。

 今夏の覇者、...    
<記事全文を読む>