第137回秋季北信越高校野球県大会(信濃毎日新聞社協賛)第3日は27日、上田県営球場と長野オリンピックスタジアムで準々決勝4試合が行われ、松商学園(中信6位)長野日大(北信2位)日本ウェルネス信州筑北キャンパス(中信4位)佐久長聖(東信1位)がベスト4入りを決めた。

 松商学園はエースの右腕直江が松本深志(中信1位)から16三振を奪い、3安打完封。打線も14安打で8得点を挙げ、快勝した。ウェルネス筑北は延長十一回、2死二、三塁から相手のエラーで2点を勝ち越し、上田西(東信2位)に競り勝った。

 長野日大は二回に4長短打で4点を先制し、六回以降も着実に得点を重ねて9―4で岡谷南(南信...    
<記事全文を読む>