カナダで行われていた野球のU-18(18歳以下)ワールドカップ。日本は銅メダルに終わり、悲願の初優勝はかなわなかった。

 試合中継で解説を務めたが、思った以上に実力差を感じた。特に4連覇を果たした米国は強かった。投手陣は変化球の切れが鋭く、外角のボールゾーンの球を振らされていた。守りも素晴らしかった。選手たちは大学生や社会人と戦っているような感覚だったのではないか。

...    
<記事全文を読む>