高校野球の秋季県大会(県高野連主催、神奈川新聞社など後援)第7日は10日、横須賀スタジアムなど4会場で4回戦8試合を行い、磯子が春夏秋を通じて創部初のベスト8進出を果たしたほか、横浜、東海大相模、桐光学園、慶応などが勝ち、8強が決まった。

 磯子は3点を追う九回に菅谷龍太(2年)の2点適時三塁打などで4得点して逆転し、7-6で横浜商を下した。

 第8日は16日、サーティーフォー保土ケ谷球場で横浜隼人-桐光学園、東海大相模-磯子の準々決勝2試合を行う。

...    
<記事全文を読む>