都内の高校野球ファンが一瞬、夢みた東西王者の頂上決戦が実現する。夏の甲子園大会に、東東京代表で出場した二松学舎大付(千代田区)と、西東京代表だった東海大菅生(あきる野市)が16日に激突。春の選抜出場につながる秋季都高校野球大会の1次予選の初戦だ。ファン殺到が予想され、会場が変更された。

 (増井のぞみ) 先月二十六日、都内であった一次予選の組み合わせ抽選会。両校の対戦が決まると会場はどよめいた。夏の甲子園は、二松学舎大付が3回戦で三本松(香川)に惜しくも敗退。準々決勝では東海大菅生が三本松と当たったので、「東京対決」の可能性があった。

 秋季大会は、両校とも新チームになって初めての...    
<記事全文を読む>