(秋季高校野球地区大会 13日・上尾市民ほか) 4地区で行い、北部の滑川総合が熊谷商を11―10で下し、県大会への切符を獲得。両軍合わせて32安打が飛び出した打ち合いを制した。熊谷工は東農大三に12―2と五回コールド勝ちで21年ぶりの県大会進出を決めた。上尾は寄居城北に13―3で六回コールド勝ちした。

 県勢史上初の夏の全国制覇を成し遂げた東部の花咲徳栄は草加西を9―2の七回コールドで下した。南部の朝霞は大宮南に5―4で延長十回サヨナラ勝ちを収めた。■14日の試合「東部」【越谷市民】▽D組代表決定戦不動岡―八潮南(10時)▽E組代表決定戦春日部東―越谷西(12時30分)【岩槻川通】...    
<記事全文を読む>