第99回全国高校野球選手権大会で県勢初の優勝を飾った花咲徳栄高校が7日、深紅の優勝旗を持って知事公館を訪れ、上田清司知事や小林哲也県議会議長に優勝報告を行った。

 上田知事は「これまで『もう一息』のところで残念な思いをしていた県民に大変な感動を与えてくれた」と健闘をたたえ、彩の国功労賞と県体育賞会長特別賞を贈呈。副賞として県産米「彩のきずな」100キロと「彩の国黒豚」1頭分が贈られた。

 同校の田中一夫校長をはじめ、岩井隆監督のほか、U―18(18歳以下)ワールドカップ(W杯)日本代表に招集されている清水達也投手を除く17選手らが訪れ、県高校野球連盟の吉野龍男会長が大会結果を報告し...    
<記事全文を読む>