▽準々決勝(桐生)  藤岡中央   000 001 000 000 01―2   100 000 000 000 00―1  前橋育英  (延長十四回)  ▽三塁打 高橋紀(藤) 藤岡中央が延長十四回に及ぶ投手戦を制した。先発門馬は11三振を奪い、6安打1失点で完投した。打線は十四回、中前打の植田を下田が送って2死二塁とし、高橋紀の適時三塁打で勝負を決めた。  前橋育英は初回、小池の適時打で先制。八回以降4度、得点圏に走者を送ったが生かせなかった。 ◎熱闘14回 藤岡中央・エース門馬 強気の投球  一打出れば同点、あるいは逆転ともなりかねない十四回裏1死二塁、藤岡中央のエース...    
<記事全文を読む>