高校野球の第70回秋季関東地区大会群馬県予選は23、24の両日、桐生球場で準々決勝4試合を行い、4強が決まる。  注目カードは2005年の創部以来、初めて県予選・大会で8強入りした藤岡中央と、昨春から5季連続王者の前橋育英の対戦。選手層の厚い桐生第一と前橋商のシード対決も興味深く、健大高崎―前橋工、関学附―富岡の顔合わせも目が離せない。  来春の選抜甲子園につながる関東地区大会まであと2勝。

...    
<記事全文を読む>