来春のセンバツ甲子園につながる「第70回秋季県高校野球大会兼秋季関東地区高校野球大会県予選」(県高野連主催、下野新聞社など後援)は30日午前9時から、清原球場で準決勝2試合を行い、関東大会(10月21~25日・神奈川県)に出場する2チームが決まる。第1試合ではノーシード小山南が前回王者のシード作新と激突、第2試合では国学栃木と青藍泰斗の両シード校が火花を散らす。4チームの準々決勝までの戦いぶりを振り返り、準決勝の行方を展望する。◆作新-小山南 ノーシードから初の4強入りを果たした小山南が王者・作新に挑む。

 シード矢板中央、白鴎足利を破って勢いに乗る小山南は右腕エース小島憲信(...    
<記事全文を読む>