第70回秋季関東高校野球県大会第3日は24日、ひたちなか市民球場などで3回戦8試合を行った。取手松陽は13-3で総和工に圧勝し、秋季県大会で初の8強入りを果たした。取手一は常磐大高に競り勝ち、34年ぶりの8強。明秀日立は今夏甲子園出場の土浦日大を16-0の五回コールドで退けた。水戸商は8-5で境を下した。第4日は27日、ひたちなか市民とジェイコム土浦の両球場で準々決勝を行う。

...    
<記事全文を読む>