光南は1、2回の好機で併殺に倒れ、守備では失策が失点に絡むなど悪い流れを断ち切れず決勝で聖光学院に敗れた。

 5回表から途中出場した、光南の捕手鈴木和之(2年)は、公式戦で初めてマスクをかぶった。突然だったが「やるしかない」と必死で指示を出し、チームを引っ張った。

...    
<記事全文を読む>