今大会は酒田南の優勝で幕を閉じた。2年生主体の新チームになって、初めて全県レベルで試合を重ねた。酒南を中心にした上位校は、ある程度「計算できる」投手が軸になった。

 酒南のエース阿部雄大が今大会で目立つ存在だった。制球が乱れることもあったが、昨秋から背番号1を担う責任感は強く、最少失点で抑えて勝機をたぐり寄せた。準優勝の東海大山形は清野蓮、日大山形は田中涼大、山形城北は竹田葵の奮闘も光った。2番手以降の層の厚さを見ると、酒南が上回っていた。

 投手の活躍は打の力不足を意味する。実際、打ち勝つという印象のチームは少なく、昨秋よりも打撃陣の調子には波があった。個人の力も含め若干の物足り...    
<記事全文を読む>