秋季青森県高校野球選手権第2日は17日、弘前市はるか夢、青森市の県営、黒石市営の3球場で2回戦8試合を実施した。八高専が弘前工に競り勝ち、春秋を通じて初の県大会8強入りを決めたほか、三沢商が青森商との延長十五回の激戦を制し、準々決勝に駒を進めた。八学光星も順当勝ち。工大一、八戸、三沢、むつ工は姿を消した。

 18日は台風18号の接近に伴い試合がない。第3日の19日ははるか夢、県営の2球場で準々決勝を行う。

...    
<記事全文を読む>