秋季青森県高校野球選手権の地区予選は9日、6地区で熱戦を繰り広げた。むつ地区では大湊が県大会への最後の切符を獲得。十和田地区は三沢と三沢商が第一代表を勝ち取った。八戸地区では八戸西、工大一が県大会出場を決めた。八高専―五戸・田子、八学光星―八戸工は降雨のためノーゲームとなり、10日に順延した。

 10日も5地区で試合を実施する。

...    
<記事全文を読む>