秋の高校野球は4日、全道のトップを切り札幌支部が開幕し、8試合が行われた。石狩翔陽が接戦を制し、北海学園札幌や札静修などはコールド勝ちで、2回戦へ進んだ。18日に10支部の代表20チームが出そろう予定で、10月1日から札幌円山球場などで開かれる全道大会に臨む。

...    
<記事全文を読む>